利用規約

ホーム > 利用規約

第 1 条(総則)

本規約は、M Pilates(以下、「甲」といいます。)における、甲と利用者との間に適用される条件その他当施設利用に 関する事項を定めたものであり、利用者は、当施設を利用する場合には、本規約に全て異議なく同意したものとします。

第 2 条(定義)

本規約において以下に掲げる用語は、次の各号の定める意味で用います。
(1) 「本施設」とは、当社が運営するM Pilatesのことをいいます。
(2) 「入会」とは、当社との間で本施設を月々の定額制にて利用する契約を行うことをいいます。
(3) 「会員」とは、入会手続きが完了した利用者のことをいいます。
(4) 「入会日」とは、契約が成立した日をいいます。
(5) 「退会」とは、会員からの申し出に基づき、当社と利用者の間の契約関係を終了させることをいいます。

第 3 条(利用資格)

当施設の利用者は、次の各号を全て満たす方に限ります。
(1)当施設の目的を理解し、本規約その他甲が定める規則に同意し、遵守する方
(2)当施設の利用に堪え得る健康状態である方
(3)申込時点で満 13 歳以上の方(満 18 歳以下の方は親権者の同意が必須となります)
(4)妊娠していない方(途中で妊娠が発覚した場合は、当該事実を確認できる資料の提示によりチケットの有効期限を最大 2 年間延長できるものとします)
(5)医師等から運動を禁止されていない方
(6)伝染病、感染症その他、他人に伝染又は感染する恐れのある疾病にり患していない方、当施 設による検温で37.5度以上の体温でない方
(7)暴力団、暴力団構成員、暴力団員でなくなった時から 5 年を経過しない者、暴力団準構成員、 暴力団関係企業関係者その他これらに準ずるもの(以下、「反社会的勢力」といいます。)に該当しない方
(8)過去に甲から利用禁止その他の処分を受けていない方、甲に対する未払債務を負っていない方
(9)その他甲が利用者として適切と認めた方

第 4 条(入会手続き)

1. 利用者が本規約に同意のうえ、当社所定の方法にて入会の申込みを行い、当社がこれを承諾した場合に、本施設の定額制利用に関する契約(以下「契約」といいます)が成立します。
2. 当社は、利用者から入会申込みがあった際に、所定の審査を行い、利用資格に適合しないおそれがあると判断した場合には、入会を拒否できるものとします。

第 5 条(入会金)

1. 会員は、入会時に、別途当社が定める入会金を支払うものとします。
2. 当社は、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、会員から受領した入会金の返還は行わないものとします。

第 6 条(月額利用料)

1. 会員は、当社が別途定める月額利用料(以下「月額利用料」といいます)を支払うものとします。
2. 前項の月額利用料は、当社指定の方法で支払うものとし、クレジットカード支払いの場合は当月分を前月21日に請求します。
※利用するカード会社によって引落日が異なります。
3. 入会日の属する月(以下「入会月」といいます)の月額利用料については、別途指定した費用を支払うものとします。
4. 本施設を利用していない月に関しても、月額利用料の全額をお支払いいただくものとし、当社に債務不履行等の帰責事由がある場合を除き、日割計算や返金は行わないものとします。

第7条 (契約期間)

1. 会員は最低契約期間を3ヶ月とし、いかなる場合も自ら途中で退会できないものとします。
2.入会日の月を1ヵ月と計算して3ヶ月と定めます。

第8条 (プラン変更)

1.入会初月から2ヶ月はコースを下げることはできないものとします。
2. 会員が契約中のプラン内容を変更する場合には、別途当社が定める変更手続きを行うものとし、変更手続きが完了した日の翌月1日から、変更後の内容が適用いたします。
3.希望する変更月の前月の10日までに(10日が定休日の場合は前営業日までに)当社が定める手続を完了しなければなりません。
4.プラン変更をした場合、変更日は、変更月の1日とするものとします。
5.プラン変更した会員は、変更月から2ヶ月は再度の変更を行えないものとします。

第10条 (退会)

1. 本施設を退会しようとする会員は、店舗に来店のうえ、別途当社が指定する退会手続きを行うものとします。
2.希望する退会月の前月の10日までに(10日が定休日の場合は前営業日までに)当社が定める手続を完了しなければならず、未払の利用料等がある場合、直ちにこれを完納するものとします。
3.退会をした場合、解約日は、解約月の末日とするものとします。
4. キャンペーン等により、解約料等の支払いについて別途合意していた会員については、当該定めに従い、退会時に解約料等を支払わなければならないものとします。
5. 退会手続きが完了した場合でも、退会日までは本施設を利用することができます。
6.第1項にかかわらず、入会日を含めた8日以内に、会員が入会手続きを行った店舗に来店し、退会の申し出を行った場合に限り、来店日をもって退会日とします。なお、本項によって退会となった場合、入会日から退会日までの会員の施設利用の有無を問わず、当社は受領済の入会金および月額利用料がある場合にはこれを会員に返還するものとし、解約料等については対象外とします。

第 11 条(当施設の利用等)

1 利用者は、甲の指定するサイトにおいて、必要情報の登録、受講希望レッスンの予約、決済手続きの選択等を行い、手続を完了することにより、当施設の利用及びレッスンの受講(以下、単に「レッスンの受講」といいます。)をすることができます。なお、利用者は登録情報に変更が生じた場合、速やかに変更手続を行わなければなりません。
2 利用者は、レッスンの受講にあたり、運動に適したウェア及び靴下並びに飲み物その他レッスンの受講に必要な物品を自己負担で用意するものとします。
3 利用者は、レッスンを担当するインストラクター名を甲の指定するサイト上において表示される限りにおいて確認することができ、特定のインストラクターの指名(甲又は当施設に対し、特定のインストラクターのレッスン日時を確認する行為、特定のインストラクターのレッスン日時にのみ予約を行うよう求める行為その他これらに類すると甲が判断する行為を含みます。)を行うことはできません。
4 利用者は、予約したレッスンについて、自己の責任で遅刻又は早退して受講することができます。なお、その場合でも1回分のレッスンの受講とみなし、当施設はレッスン代金の全部又は一部の返金、繰越その他一切の対応を致しません。また、10分以上遅刻の連絡がなく来店がない場合は当日キャンセルとみなし、1回分のレッスンの受講と同じ取扱いとし
ます。
5 施設内に利用者の忘れ物や甲の所有物ではないものがあった場合、甲はこれを 1 ヶ月のうち適宜の期間、保管することができます(ただし、生物、匂いを発するもの、大型のものその他甲において保管に不適切と判断したものを除く。)。また甲は、保管に当該忘れ物等について上記期間経過後に任意に処分することができ、これについて一切の責任を負わないものとします。

第 12 条(禁止事項)

1 当施設内で以下の行為は禁止します。
(1)飲食(ただし、甲が認めた水分補給を除く)
(2)喫煙(電子タバコ、加熱式タバコ及び類似品を含む)
(3)当施設内での携帯電話での通話、スピーカーを利用した音楽・動画鑑賞(ただし、甲が認めた指定場所での通話等を除く)
(4)飲酒後の利用
(5)甲、甲の従業員、当施設または他の利用者への誹謗中傷行為、暴力行為、威嚇行為、物品販 売等の営利行為、付きまとい行為、勧誘・引き抜き行為、政治活動行為その他公序良俗に反する行為、甲の従業員が担当するレッスンスケジュール又はシフトを問い合わせる行為
(6)当施設内の設備の損壊、持出し行為、他の利用者の私物の窃盗行為
(7)本規約に違反する行為
(8)その他当施設の設備に危険が生じる可能性のある行為及び他の利用者への迷惑となる行為
2 利用者によるレッスン受講予約手続完了後またはレッスンの受講開始後に前項の禁止事項に該当することが判明した場合、甲は当該利用者によるレッスンの受講を拒否し、または受講を直ちに中止させ、退去させることができます。
3 前項の場合、当該利用者は、甲に対し、損害の賠償その他名目を問わず、甲に対し一切の請求はできないものとします。

第 13 条(レッスンのキャンセル)

予約したレッスンのキャンセルに関する取扱いは、以下のとおりとします。
(1)通常キャンセル
ア 期限
レッスン開始日時の3時間前まで
イ 方法
予約サイトマイページよりキャンセル登録を行う方法
ウ レッスン代金、キャンセル手数料
いずれも発生しません
(2)当日キャンセル(上記(1)アの期限経過後のキャンセル。公共交通機関の遅延、感染症に伴う措置その他利用者の責によらない場合の一切を含みます。)
ア レッスン代金
100%相当額(当該レッスンチケット1回分の使用)
イ 方法
各店舗 LINE に連絡(予約サイトからはできかねます。)
ウ 特則
レッスンチケット1回分の使用の処理が完了するまでの間、甲は、当該利用者によるレッスン予約を拒否することができるものとします。
2 甲に対する何らの連絡なく、予約したレッスンの開始から10分が経過した時点で遅刻の連絡がなく来店がない場合、利用者による同レッスンは当日キャンセルされたものとみなします。

第 14 条(利用者の地位の喪失)

1 利用者は、死亡した場合、または甲との合意により利用者の地位を喪失するものとします。
2 甲は、利用者が以下の各号のいずれかに該当する場合、当該利用者の利用者の地位を喪失させることができます。
(1)本規約または当施設で告知している諸規則を遵守せず、または違反したとき
(2)当施設の内外を問わず、法令または公序良俗に反する行為を行い、または当施設の利用者として不適切であると当施設が判断したとき
(3)甲または当施設に関し、虚偽の事実を流布し、事実に反する誹謗中傷をおこなったとき
(4)甲に対し虚偽の申告し、あるいは利用に関する重要な事実を告知しなかったとき
(5)甲の営業に支障を生じさせたとき
(6)甲に対する金銭債務を期限までに履行しなかったとき
3 前項の場合、当該利用者は、甲に対し、損害賠償その他名目を問わず、甲に対し一切の請求はできないものとします。

第 15 条(レッスンの中止)

1 甲は、インストラクターの体調不良、公共交通機関の乱れその他やむを得ない事由がある場合、レッスンを中止することができます。
2 前項の場合、甲は、利用者に対し、当該中止になったレッスンのために消費したチケットと同等のチケットを付与するものとしますが、その他に当該中止になったレッスン代金の額を超える損害賠償の責任は負わないものとします。

第 16 条(施設の閉鎖等)

1 甲は、次のいずれかの場合、当施設の全部または一部を閉鎖、利用制限、休業(以下、「閉鎖等」といいます。)することがあります。
(1)当施設が定める休業日
(2)当施設の設備の維持、改善または当施設が入居する建物の管理上、必要なメンテナンス(修繕、点検を含む)を実施する場合
(3)気象状況、災害、感染病の拡大その他の不可抗力ないし外的要因により、利用者の来店又は 当施設の開業により利用者・甲の従業員に危険が生じる可能性があると当施設が判断した場合
(4)法令の改廃、行政指導、社会経済情勢の急激な変化その他当施設の運営上やむを得ない事由が発生した場合
(5)事業譲渡、事業撤退その他甲による当施設の運営が困難となった場合
2 前項の場合、甲は、利用者に対し、当該閉鎖等にかかる期間中のレッスンのために消費したチケットと同等のチケットを付与するものとしますが、その他に当該閉鎖等にかかる期間中のレッスン代金の額を超える損害賠償の責任は負わないものとします。

第 17 条(免責事項等)

1 甲は、以下の各号に関する事項について、一切の責任を負わないものとします。
(1)当施設内で発生した紛失、盗難、傷害、怪我、身体の不具合その他の事故
(2)利用者同士のトラブル
2 甲が利用者に対して負担する損害賠償は、通常損害の範囲に限るものとし、また、当該損害が発生したレッスンに関し利用者が甲に対して支払った額を上限とするものとします。
3 当施設利用者は、自己の責任により、甲、当施設又は第三者に損害を与えた場合、発生した損害(合理的な弁護士費用を含む。)の一切について速やかに賠償するものとします。

第 18 条(反社会的勢力との関係)

1 甲は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、何らの催告を要することなく、当該利用者の地位を喪失させ、利用契約を解除し、直ちにレッスンの受講を拒否し、または受講を直ちに中止させ、退去させることができます。
(1)暴力団、暴力団員、暴力団関係団体、暴力団関係者、その他の反社会的勢力(以下、「暴力団等」といいます。)である場合、または過去に暴力団等だった場合
(2)暴力団等が事業活動を支配する個人または法人である場合
(3)役員または従業員のうちに暴力団などに該当する者がある場合
(4)自らまたは第三者をして、甲、甲の従業員または他の利用者に対して、詐術を用いたり、粗暴な言動、合理的な範囲を超える支払の要求、暴力行為または脅迫的言辞 を用いたりした場合
(5)甲、甲の従業員または他の利用者に対して、自身が暴力団等である旨を伝え、または自身の 関係団体若しくは関係者が暴力団等である旨を伝えた場合
2 前項の場合、当該利用者は、甲に対し、損害賠償その他名目を問わず、甲に対し一切の請求はできないものとします。

第 19 条(個人情報の保護)

甲は、個人情報の取り扱いに関するプライバシーポリシーを策定し、遵守します。利用者の個人情報は、当施設を含む甲の事業運営及び利用者の満足度向上の目的のみに用い、正当な理由のない限り第三者に開示することはありません。

第 20 条(権利の譲渡)

利用者は、甲に対する権利その他本規約に基づく権利の一部または全部を第三者に譲渡し、もしくは第三者の担保に供することはできません。

第 21 条(合意管轄)

本契約に関し紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第 22 条(規約等の変更)

1 甲は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約、利用料金、運営システムその他甲が定める一切の内容(以下、「本規約等」といいます。)をいつでも変更することができるものとし、変更後の内容は即時に発効するものとします。
2 本規約等の変更後に、利用者が当施設を利用した場合または本規約等の変更の通知がなされた場合、利用者は変更後の本規約等の内容に同意したものとみなします。